レ・マロニエはフランス語とフランスの絵画や文化について一緒に学びましょう!というフランス好きな仲間のサークルです。その活動についてのブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス語で観光案内
先週木曜日、中村先生のお知り合いの方からの依頼で、フランスから観光旅行でいらっしゃった方々のお伴をしました。
フランス語を勉強しているとは言え、日常的に使っているわけではないので、電子辞書片手に悪戦苦闘…その日はどっと疲れ、私lesmarronは、その後にコンサートがあったこともあって、更新がずいぶん遅くなりました。
フランスで生け花をやっている人たち10人ほどの団体でした。
日本国内、けっこうあちこちにいらっしゃったようで、前日は広島だったとか、姫路では、姫路城の隣にある好古園と、姫路城を観光予定とのことでした。
先週は、突然寒さが厳しくなった時で、その日もけっこう寒く、でもいいお天気だったので、ホッ!
なんだかよくわからないうちに、あたふたと好古園をまわり始めました。
ちゃんとした通訳の人が一人、あとは我々中村先生関係が6人ほど、ほかにご案内をされるという団体の方が数人でした。
適当に話してください…と言われてもねぇ…。
初めはお茶室で一服です。
観光1
我々もいただきました。
事前に飲み方について、聞かれてもいいように、ちょっと調べてはいましたが…。
多少は役に立ちました。
時計回りに dans le sens des aiguilles d'une montre 回すとか…。
その後、紅葉の美しい茶室奥の庭を眺めてから、庭園の散策です。
観光2
歩きながら、少しお話しました。
観光3
それから昼食。思ったとおり、アナゴでした。
観光4
アナゴは anguille de mer それを 醤油 sauce de soja で、調理しているというようなお話をして、食べ物やお住まいなどについて話したり、食事のときは少しゆっくりおしゃべりできました。
観光5
わからなくなったら、電子辞書に綴りを打ち込んでいただいて、あぁ、そうかぁ…という具合です。
しゃべりたいことはたくさんあるのに、これはなんていうのかなぁ…と考えてしまって、やはり日ごろからもう少し音読をしたり、会話できるようになりたいものだと思いましたね。
食事の後は、姫路城です。
観光6
天守閣まで登って、皆さんお元気でした。
私はつい、Je suis fatigue. と言ってしまいましたが…。
観光7
観光ボランティアの方の説明を、通訳さんが通訳されて、へぇ~こんな風に言うんだと、大いに参考になりました。
お城のあとは、お茶を飲みながらしばらくまた歓談し、新幹線で出発されるのを、駅までお送りしました。
名残惜しそうに行かれるのを見て、拙いフランス語ながらも、ご案内にご一緒できてよかったと思いましたね。 
ホントに日本好きないい方たちばかりで、お土産をいただいたり、メールアドレス交換したり…、落ち着いたらメールもお出ししてみようと思いますが、また悩まないといけません。
とにかく、ありったけのフランス語脳を使って、何とか頑張りましたので、ホントに疲れたぁ…という感じでしたが、とてもいい機会でした。
もっと話せるように、マロニエも頑張らないとと、決意を新たに…。

スポンサーサイト

フランス料理の話は楽しい!
昨日はフランスは先週に引き続き学習会の日。
予習が大変でした。
今回は「クスクス」と「ムール貝白ワイン蒸し」です。
クスクスは、アルジェリアから到来したものだそうです。
フランス人が好きな食べ物の中で、2番目の位置を占めているそうなのですが、メンバーのHさんの話によると、クスクスのレストランには、行列ができるほどの人気なのだそうです。
何かくせになりそうな何とも言えない魅力があるとのこと。
へぇ~!です。
私lesmarronは、食したことがないので、わからないのですが…。
ムール貝は養殖が一番らしいのですが、船で難破したパトリック・ウォルトンという人が、食料に困って小さな貝を集める工夫をしたことから始まったとか。
今回も、なが~い文章に苦労しました。
でも、内容が興味深いので、何とか頑張って読んでいます。
頭を使った後は、ランチでリラックスです。
今回は商工会議所のレストランで、イタリアンでした。
サラダはたっぷりだし、パスタはさっぱりとした上品な味で、なかなかでした。
サラダ パスタ
おまけに、月曜日は女性は20%offということで、ラッキーでした。

さて、マロニエでの今最大の関心事は、実は20日にあるのです。
日本音楽をたしなむフランス人の方々が数人、観光のために来られるとのことで、そのお手伝いをすることになっているのです。
先週、急にそんな話が来て、みんなで慌てています。
フランス語で会話できる絶好に機会なので、楽しみではありますが、ちょっと準備期間が足らない…。
言葉はやはり日ごろから口に出していないと、とっさには出てこないので、この数日ラジオ講座の入門編を使って、練習に励んでいます。
楽しい時間になればいいけど…。
急に寒くなって来て、それも少々心配ですが。

次回は12月8日と15日の予定。

フランス語学習会11月-1
昨日は定例のフランス語学習会。
lesmarronは、予習が間に合わなくて大変でしたが、何とかついて行けました。
教材はNHKラジオの「まいにちフランス語」の応用編で、今回は10月号の「舌びらめのムニエル」と11月号の「ブイヤベース」を勉強しました。
知らなかった知識もあって、面白いですね。
舌びらめは、フランスではルイ14世の頃に「王家の料理」となって、高級というイメージがありますが、日本ではそうでもないですね。
名前の由来はラテン語で「サンダル」を意味する「solea」だそうなので、ちょっと興ざめですが・・・。
ブイヤベースは南仏の漁師の料理。
大鍋に、売り物にならない雑魚にイカやエビ貝類を入れて、オリーブオイルと香辛料を入れただけのもの…ということでした。
海の幸たっぷりでおいしいのですけどね。
ニースで食べた事ありますけど…。
家ではたくさんの魚介類をそろえるのは大変なので、なかなか作れませんね。

さて、文章が難しいし、日ごろあまりお目にかからない単語も多く、大変ですが、みんなで読みの練習もしています。
これがちょっとしかできませんが、それでも徐々に口が慣れてくる感じがするのですね。
継続は力なり…です。
lesmarronは、お風呂に入ったとき、半身浴を兼ねて、湯船につかって本を読んだり、音楽を聴いたり、仏検の前には勉強したりするのですが、これが意外にはかどるのです。
そんな話をメンバーのHさんにしたら、最近このフランス語の勉強をお風呂でしているとのこと。
テキストが、すご~く勉強しています!という感じに仕上がっているのです。
実は、湯気でフニャッとしているだけだそうですが・・・。
lesmarronも頑張らねば…と思うのでした。
終了後のランチは、前回と同じ、かもめ屋姫路本店に行き、また満喫しました。
今月は月曜が2回休日になるので、次回はすぐ来週!
予習頑張らないと…。
Copyright © レ・マロニエ. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。