レ・マロニエはフランス語とフランスの絵画や文化について一緒に学びましょう!というフランス好きな仲間のサークルです。その活動についてのブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルメール地理学者とオランダ・フランドル絵画展へ
2週間ほど前、東京に行った折に、Bunkamuraザ・ミュージアムで開催されている「フェルメール地理学者とオランダ・フランドル絵画展」へ行きました。
原発事故の影響で、各地で美術展が中止されている中、すでに開催されていたので、中止されることもなく、ホッとしました。
でも、電力不足の影響で、開館時間が短縮されていて、午後5時までになっていました。
(今は午後7時まで、22日からは9時までに戻るようです。)
遅くまでやっているのが当たり前になってしまった最近では、5時はなんと早いのか…と、つい思ってしまいます。
行った日は、午前中からいろいろ用事をしていたら、あっという間に午後3時を過ぎ、慌てていきました。
閉館時間ちょっと前に見終わって出ましたが。

この美術展は、ドイツ、フランクフルトのシュテーデル美術館改装工事に伴って、貸し出されたもので、オランダのフランドル絵画が展示されています。
フェルメールをタイトルにつけてはいますが、「地理学者」のみ…だったと思います。
私的には、好きな時代の作品ではありませんが、風景画や肖像画などは、光の使い方がうまいと思うものがありましたね。
いくつか気に入ったものがありましたが、ピーテル・ド・リングの「果物やベルクマイヤー・グラスのある静物」の右端、マスカットの下に指輪が描いてあって、それがサインの代わりとかいうのが、印象に残りました。
vermeer2a.jpg
果物に注意が行ってしまいますが、左側奥にワイングラスがあって、その透明感もいいなと思いました。
他には、ファルグの「年から見たライデンのハールレム門」の、運河に映る船や水の透明感が気に入りました。
vermeer1a.jpg
他にも気に入った作品がありましたが、絵葉書ではないものがあったりして、時間のゆとりもなかったし…で、買えなかった…。

いわゆる有名美術館ではないと、旅行に行ってもなかなか見に行くチャンスがないので、日本で見ることができるのはいいですね。
巡回展は、愛知県であるようですが、関西は、なし…残念。

スポンサーサイト

学習会
11日月曜日、学習会でした。
3月からは、風車小屋だよりの「コルニーユ親方の秘密」の章を読んでいます。
初級テキストを先にやってからなので、残った時間によりますが、ちょっとずつしかできません。
文章なので、日ごろあまりお目にかからない単純過去形が出てきて、ちょっと戸惑います。
でも、それなりに面白さを感じるこの頃…。
それにしても、製粉業に関する単語、よく似たものがいろいろあって、大変!
混乱しそうです。
ちなみに、出てきたのは、
meunerie(製粉業)、meunier(ere)(粉屋、製粉業者)、minoterie(製粉工場)、minotier(製粉業者)です。
日常的には、全然関係ないですが…。
ちょっとした概念の違いを楽しむ…そんな感じでしょうか。

風車小屋だよりに刺激されて、買って以来なんとなく読みそびれていた、ピーター・メイルの「南仏プロヴァンスの12か月」と、「南仏プロヴァンスの木陰から」を読んでいます。
昨年フランス旅行に行った時、ラベンダーがまだ色づいていなくて、リュベロン地方に行くのを断念したのですが、是非行ってみたいという思いを強くしています。
Fさんは、今年行くかも…って、いいなぁ…。

初級テキストは、切符の買い方の所で、会話練習などもしましたが、実際には、テキスト通りの応答にはならないのですよね。
想定外の返事が返ってきて、とまどったことがあります。
フランス語を勉強するとなると、つい言い方を覚える方に気持ちが行きがちですが、実は、聴く方が大事なのでは?と思ってます。
まずは相手の言っていることが聞き取れないと、何も始まりませんから。
聴けるには、読めること…あ~することいっぱいある…。

ランチは、やっとイタリアンに行きましたが、それはまた後にします。

4月の学習会2回目
4/25(月)10:30~12:00 イーグレひめじ会議室4
Copyright © レ・マロニエ. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。