レ・マロニエはフランス語とフランスの絵画や文化について一緒に学びましょう!というフランス好きな仲間のサークルです。その活動についてのブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラッスリー ポール・ボキューズ銀座 へ
行きました、ポール・ボキューズ。
ちょっとアップが遅くなりましたが、行ったのは12日。
入口からして、おしゃれな感じだし、中も、窓からは、ビル街ではありますが、周りの景色が見えて、なかなかいい感じ、WEBサイトの写真の通りです。
pbg_space_02_01_large.jpg
開店直後に一番乗りで行ったので、真ん中のテーブルで周りの景色がよく見える席に案内してもらいました。
とは言っても、話に興じていて、あまり景色を楽しむ…ということはありませんでしたが…。
paulbocuse2.jpg
ランチは、まず、バゲットにリエットが出てきて、リエットは初めてだったので、どんな感じか…と。
paulbocuse1.jpg
私的には今一つ…。
メインは、poisson(魚)の方。色合いがちょっとなぁ…です。
お魚もフリッターっぽかったしィ…。
paulbocuse3.jpg
デザートは、クレム・ブリュレに。
paulbocuse4.jpg
おいしかったけど、もう少し深さのある容器方が食べやすいかなぁ。

全体的には、期待ほどではなかったかなぁ。
フレンチもけっこうあちこち行ってると、もっとおいしい所あるけどなぁ…っていう感じです。
何よりも、色合いがね、見た目って大事だし。

でも、落ち着いた雰囲気は、なかなかよかったですよ。
テーブルとテーブルの間がけっこう広くて、たくさんお客さんがいる割に、周りに邪魔されることなく、会話を楽しめました。
スポンサーサイト

ランチはボルカノ
先週月曜日は学習会でした。
初級テキストでは、リヨンが話題になっていたので、文法や問題をするばかりでなく、リヨンの地図も参照して、知識を深めました。
私lesmarronは、リヨンへは、ツアーで行ったときホテルに立ち寄っただけなので、今後のためにも知っておくのはいいですね。
旧市街は世界遺産にもなっているので、いずれ行ってみたいと思いますね。
リヨン郊外には、有名なレストラン「ポール・ボキューズ」があるのですが、その関連レストランが日本にいくつかあるので、明日、行ってみようと思ってます…って、今東京にいるので…。

さて、この日のランチは、ボルカノでした。
冷製パスタが意外にいけるのです。
volcano7-1.jpg 紫いもの冷製スープです。ちょっと塩味利かせすぎか…。
volcano7-2.jpg パンは香ばしくておいしいですね。バターも美味。
volcano7-3.jpg オクラとなめこと…ネバネバ素材は体にいい??
volcano7-4.jpg おいしいプリンですが…。
これにコーヒー付です。
一見、量がそんなにあるように見えませんが、意外に満腹です。
いつも会話も弾み、学習会の後の解放感もあって、楽しい時間でした。

Copyright © レ・マロニエ. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。