レ・マロニエはフランス語とフランスの絵画や文化について一緒に学びましょう!というフランス好きな仲間のサークルです。その活動についてのブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス語で観光案内
先週木曜日、中村先生のお知り合いの方からの依頼で、フランスから観光旅行でいらっしゃった方々のお伴をしました。
フランス語を勉強しているとは言え、日常的に使っているわけではないので、電子辞書片手に悪戦苦闘…その日はどっと疲れ、私lesmarronは、その後にコンサートがあったこともあって、更新がずいぶん遅くなりました。
フランスで生け花をやっている人たち10人ほどの団体でした。
日本国内、けっこうあちこちにいらっしゃったようで、前日は広島だったとか、姫路では、姫路城の隣にある好古園と、姫路城を観光予定とのことでした。
先週は、突然寒さが厳しくなった時で、その日もけっこう寒く、でもいいお天気だったので、ホッ!
なんだかよくわからないうちに、あたふたと好古園をまわり始めました。
ちゃんとした通訳の人が一人、あとは我々中村先生関係が6人ほど、ほかにご案内をされるという団体の方が数人でした。
適当に話してください…と言われてもねぇ…。
初めはお茶室で一服です。
観光1
我々もいただきました。
事前に飲み方について、聞かれてもいいように、ちょっと調べてはいましたが…。
多少は役に立ちました。
時計回りに dans le sens des aiguilles d'une montre 回すとか…。
その後、紅葉の美しい茶室奥の庭を眺めてから、庭園の散策です。
観光2
歩きながら、少しお話しました。
観光3
それから昼食。思ったとおり、アナゴでした。
観光4
アナゴは anguille de mer それを 醤油 sauce de soja で、調理しているというようなお話をして、食べ物やお住まいなどについて話したり、食事のときは少しゆっくりおしゃべりできました。
観光5
わからなくなったら、電子辞書に綴りを打ち込んでいただいて、あぁ、そうかぁ…という具合です。
しゃべりたいことはたくさんあるのに、これはなんていうのかなぁ…と考えてしまって、やはり日ごろからもう少し音読をしたり、会話できるようになりたいものだと思いましたね。
食事の後は、姫路城です。
観光6
天守閣まで登って、皆さんお元気でした。
私はつい、Je suis fatigue. と言ってしまいましたが…。
観光7
観光ボランティアの方の説明を、通訳さんが通訳されて、へぇ~こんな風に言うんだと、大いに参考になりました。
お城のあとは、お茶を飲みながらしばらくまた歓談し、新幹線で出発されるのを、駅までお送りしました。
名残惜しそうに行かれるのを見て、拙いフランス語ながらも、ご案内にご一緒できてよかったと思いましたね。 
ホントに日本好きないい方たちばかりで、お土産をいただいたり、メールアドレス交換したり…、落ち着いたらメールもお出ししてみようと思いますが、また悩まないといけません。
とにかく、ありったけのフランス語脳を使って、何とか頑張りましたので、ホントに疲れたぁ…という感じでしたが、とてもいい機会でした。
もっと話せるように、マロニエも頑張らないとと、決意を新たに…。

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © レ・マロニエ. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。