レ・マロニエはフランス語とフランスの絵画や文化について一緒に学びましょう!というフランス好きな仲間のサークルです。その活動についてのブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週のマロニエは忙し!
19日、今年初のフランス語学習会をしました。
12月までのフランス料理の話も残っていましたが、1月号のカルメンをすることにしました。
会話がほとんどで料理の時より読みやすいので、読みの練習を多くしようということです。
オペラの台本なので、同じ言葉を繰り返したり、単純過去とか、通常使わない言い回しもありますけど、言葉に慣れるという意味では、ほどほどで、料理の時より予習は気が楽でした。
終わってからは恒例のランチ!
月曜日は、姫路商工会議所のレストランが、女性は20%offですので、予約をして行きました。
予約しないとホント多いのです。
女性は割引に弱い…。
イタリアンか和食かでしたので、私lwsmarronは、イタリアンの方で、めんたいクリームパスタ(だったと思うのですが…)にしました。
めんたいスパ
いつも思うのでうが、量的にもたっぷりで、味もしつこくなく、サラダもあって、おまけに安い!ときたら、ランチとしては言う事ありません。
いつもは顔を出されないFさんもいらして、先生と6人、レストランの別室を用意してもらって、和やかにランチを終えました。

この時、今兵庫県立美術館で開催されている「ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密展」に行く話がまとまり、23日(金)に出かけてきました。
先生も一緒に総勢7名、灘から歩いてもそう遠くないのですが、三ノ宮からバスで行きました。
この美術館はハプスブルク家と関係が深く、その遺産をもとに開館されたものですので、その時代様式と貴族の生活のうかがえる、格調高い作品だと思いました。
果物や花など、写真と間違うほどの絵で、感嘆しました。
コルネーリス・デ・ヘームの「朝食図」は、絵の展示の隣に、模造品ですがその絵の通りに再現されていて、ユニークでした。
朝食図
絵の好みからいえば、少々暗い色調はあまり好みではありませんが、いくつか気に入ったものもありました。
展示を見た後に、絵はがきやクリアファイル、携帯ストラップなど、小物を買うのも楽しみですが、大抵はよかったと思うものがないのですね。
ほとんどの展覧会で思うことなのですが…。
開催する側の代表作品と思うものと、見る側の好みが必ずしも一致していないということなのでしょうね。
神戸へ出かけた時のもう一つの楽しみは、おいしいものを食べること!
今回は姫路ではあまり多くないフランス料理を…と思って、ネットで探して出かけました。
その話はまたあとで…。

次回のフランス語学習会は明日26日、予習も忙しい!

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © レ・マロニエ. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。