レ・マロニエはフランス語とフランスの絵画や文化について一緒に学びましょう!というフランス好きな仲間のサークルです。その活動についてのブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピサロ展に行きました
21日、日曜日で人が多いと思ったのですが、京都伊勢丹でやっているピサロ展に行きました。
26日にも、神戸市立博物館で開催されているコロー展に、マロニエメンバーで行く予定を立てているので、ピサロ展は3人で行きました。
生憎、行きは神戸まで行ったところ、住吉駅の人身事故でしばらく足止めになりましたが、それも日ごろの行いがそんなに悪くなかったのか(?)20分ほどで動き出し、ヤレヤレでした。
休日なのでさすがに人が多かったですね。
京都伊勢丹は、延々と10階まで(だったと思いますが…)まっすぐ続くエスカレーターが珍しいのですが、中はけっこう迷路みたいでわかりにくいのはちょっと残念です。
その迷路みたいなところを通って、7階の美術館「えき」KYOTOにたどり着きました。
絵はよかったですよ!
ピサロと他の印象派の絵が数点と息子たちの絵が展示されていましたが、見るのにも展示数もほどほどで、特に私lesmarronは風景画が好きなので、満喫しました。
息子リュシアン・ピサロの絵は点描画の手法がカミーユ・ピサロよりはっきりしていましたし、偉大な画家がお父さんだと大変だなぁ…とか、ちょっと思いました。
リュシアンの方が几帳面だったのかなぁ…とか。
見終わってからは伊勢丹9階のレストラン市場小路で松茸ご飯の定食を食べ、ケーキセットもデザートに食べて満足して帰りました。
いい絵を見ておいしいものを食べて、おしゃべりをしてって幸せだなぁ…と。
ピサロ展の入場料は900円ですが、アイカードやJRカード、セゾンカードなど(ほかにも10種類位ありました)があると割引になりますので、持っているカードをいろいろ持って行った方がいいようです。
会期は10月5日までなので、まだ行ってない方はぜひ行ってみてください。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © レ・マロニエ. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。