レ・マロニエはフランス語とフランスの絵画や文化について一緒に学びましょう!というフランス好きな仲間のサークルです。その活動についてのブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「京都停車場前きくおか」でランチ
先週金曜日、ハプスブルク展に行ったときのランチは「京都停車場前 きくおか」でした。
展覧会で京都に行くときは、ネットで探して、おいしそうなところへ行くことにしています。
せっかく行くのだから、日頃はあまりお目にかからないフレンチにしています。
パリに長年暮らしていらした、京都在住のフランス語のO先生が一緒なので、ということもありますが…。
今回のハプスブルク展は、京都国立博物館で、京都駅に近いので、京都駅周辺で探しました。
ネットで探すわけですが、その限られたデータの中に、何となく感じるものがあって、ここ!!という感じで決めています。
気に入ったところは何度も行きますので、今回で3店目です。
今までの2店も、非常によかったのですが、今回も期待を裏切らないいいお店でした。
何より、お値段がお手ごろというのがいいですね。
我々が注文したのは、きくおかランチコースで、メイン1品(肉料理 or 魚料理)、前菜、サラダ、自家製無添加パン or ライス、デザート2種盛りで、1480円でした。
食材も京都のものにこだわっているようです。
前菜は3品、日頃お肉をあまり好まない私も、ロースとビーフはおいしくいただきましたし、右端は、麩なのですが、もち持ちしておいしかったですね。
きくおか1 
サラダは、胡桃や湯葉などがのっていて、変化を与えていました。
きくおか2
スープは金時にんじんのポタージュ。
きくおか3
メインはスズキ、他の人が食べた鴨も美味しそうでした。
きくおか4
デザートは、パッションフルーツのシャーベットと、抹茶味のチョコタルト。
程よい甘さで、おいしかったぁ!
きくおか5
おいしいものを食べると、幸せ…って、平和ですが…。

その後、6月にO先生とメンバーとで行く、フランス旅行について相談をして帰りました。
ルートが大体決まり、楽しみになってきました。
その前に、フランス語、ふらんすご…。



スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © レ・マロニエ. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。