レ・マロニエはフランス語とフランスの絵画や文化について一緒に学びましょう!というフランス好きな仲間のサークルです。その活動についてのブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印象派展がたくさん
パリでは、オルセー美術館が大改装中。
それも関係あるでしょうが、最近印象派関連の展覧会がたくさんあります。
うれしい限りですが、東京中心で、関西まで周って来ないのは残念ですね。
オルセーの一部が閉鎖されていますから、そこの作品が展示されている「オルセー美術館展2010ポスト印象派」が
東京六本木の国立新美術館で8/16まで。

マネとモダンパリ」は東京丸の内の三菱一号館美術館で7/25まで。

モーリス・ユトリロ展 -パリを愛した孤独な画家-」は、新宿の損保ジャパン東郷青児美術館で、7/4まで。

印象派とモダンアート」が、大阪天保山のサントリーミュージアムで、7/10~9/20。

ボストン美術館展」は東京でやっていましたが、7/6からは京都市立美術館で8/29まで。

東京で開催されるのは、来月上旬にちょうど東京へ行く用事があるので、何とか3つとも見てこようと思っています。
大阪と京都は、またマロニエメンバーと計画しようと思ってますが…。
日本はホント恵まれている…と思いますね。


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © レ・マロニエ. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。