レ・マロニエはフランス語とフランスの絵画や文化について一緒に学びましょう!というフランス好きな仲間のサークルです。その活動についてのブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストン美術館展
京都市立美術館で開催されている「ボストン美術館展」あと2日で終わりですね。
今年はとりわけ暑かったので、こういう時期の京都は大変です。
行ったのは今月10日でしたから、地下鉄東山から10分くらい歩く間も、ホントに暑かった。
内容は、予想通り、よかったですよぉ。
まだ行ってない方、是非行ってみてください。
入場待ち時間はありませんでしたが、すごく多かったですから、隙間から見る感じで、それはちょっと…ですけど。
好きな絵もたくさん、やっぱり印象派ですけど。
6月のフランス旅行は、モネゆかりの地にも行きましたから、絵の元となった景色が思い出されたのも良かったですね。
「アンティーブの古城」は南仏、アンティーブにあるグリマルディ城を描いたものですが、ピカソがアトリエとして利用していたことがあって、絵を寄贈し今はピカソ美術館になっています。
monet_0002a.jpg  P1000575a.jpg

人気があったのは、「ジヴェルニー近郊のセーヌ川の朝」でした。
monet_0001a.jpg
「これ好きだわ」とか話している人も結構いましたし、ミュージアムショップで、複製画の注文を受けていたのですが、かなりありましたよ。
しかも安くないのに…。
セーヌ川は、下流になるとパリ市内とは全く違った趣で、魅せられますね。
この絵に近い感じの写真も撮ってました。
P1000635b.jpg

大阪、サントリーミュージアムで開催中の「印象派とモダンアート」も行きたいのですけど…。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © レ・マロニエ. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。