レ・マロニエはフランス語とフランスの絵画や文化について一緒に学びましょう!というフランス好きな仲間のサークルです。その活動についてのブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行きたい展覧会
今までこんなにあったことないくらい、今年は魅力の展覧会がめじろ押しです。
今、兵庫県立美術館では「ザ・コレクション・ヴィンタトゥール」をやっています。
ヴィンタトゥール美術館は、スイスの美術館で、昨年から改修工事をしているため、あちこちで巡回展をやっています。
宇都宮、東京と来て、今は神戸、この後長崎でも開催されます。
スイスの美術館、なかなか訪れる機会もなく、スイスはあまり美術館巡りという感覚もなく、珍しいですが、所蔵品は魅力あるものがあり、一見の価値があるようです。
東京に来ている時に、見に行こうかと思っていましたが、世田谷美術館は、意外に交通の便が悪く、断念しましたから、神戸で見れるというのはうれしいですね。
12月26日までなので、マロニエでは、12月1日に行こうかと計画しています。

京都では、京都文化博物館で「カポディモンテ美術館展」が、12月5日まで。
カポディモンテ美術館はナポリにあり、これまたなかなか行かない…。
ルネサンスからバロック時代の美術品が展示されていて、貴重な機会です。
ただ、あれもこれもというわけにもいかず、私lesmarronは、コンサートの予定があって忙しいので、こちらはパスです。

もう一つ是非行きたいと思っているのは、東京のBunkamuraザ・ミュージアムで、12/7~2/17まで開催される「モネとジヴェルニーの画家たち」です。
モネがジヴェルニーに移り住んでから、多くの画家たちが訪れ、中でもアメリカ印象派と言われるくらい、アメリカの画家たちも多かったようです。
そういう画家たちの作品を集めて開催されるものらしいです。
ジヴェルニーは、以前からずっと行きたくて、今年の6月にやっと行くことができましたが、絵を描きたいと思う風景にあふれていますので、どんな作品があるのか、モネの作品以外でもとても興味があります。
開催期間に、東京に出かけていくようにしたいと思っていますが…。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © レ・マロニエ. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。